トップページ > 審判離婚

審判離婚

調停離婚の場合、原則として夫婦双方の合意がなければ成立しないのが特徴でしたが、調停が上手くいかなかった場合でも、裁判所が離婚をさせた方が良いと判断した場合、離婚が成立する場合があります。このような離婚形態のことを「審判離婚」と言います。

ただし、家庭裁判所の判断に納得がいかない場合、夫婦のどちらかが2週間以内に異議の申し立てをすると、この審判離婚は不成立となるため、実例が極めて少ない離婚のケースとされています。

ページトップへ