トップページ > 調停離婚

調停離婚

夫婦間の協議だけではうまくいかなかった場合、家庭裁判所にて調停(話し合い)を行うことによって成立を目指すことになります。この離婚形態のことを「調停離婚」と言います。

経験豊富な調停委員が、夫婦それぞれに1人ずつ仲裁役として付き、両者が納得のいく形の離婚をプランニングしてくれます。晴れて離婚が成立した際には、その内容を記した「調停調書」が作成されます。
この調停調書には、確定判決(裁判によって決められたもの)と同等の効力があるため、万が一その内容の不履行や不払いがなされても、これにより強制執行を行うことが可能です。

特徴として、協議離婚同様、法の力で強制的に離婚成立を目指すのではなく、あくまでも夫婦間での合意が前提になるため、一方が合意できない場合は成立は難しい、という点が挙げられます。
また、裁判にて離婚を成立させようとする場合(裁判離婚)、必ずこの調停離婚による話し合いを一度しておく必要があります。

調停離婚のメリット・デメリット

メリットとしては、弁護士に頼む必要はなく、比較的安い費用で申し立てることができ、経済的であること、また裁判ではないため気軽に行うことが出来る点等が挙げられます。

デメリットとしては、少なく見積もっても半年、長い場合は1年以上と、費やす時間が非常に長いこと、毎回家庭裁判所に出向かなければならない点等が挙げられます。

ページトップへ