トップページ > 離婚原因Q&A

離婚原因Q&A

夫が一度だけ浮気をしました。離婚することができますか?

一度だけの浮気は、不貞行為として認められません。
それが原因で夫婦関係が破綻した場合、「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚を請求することになります。

夫が生活費を支払ってくれません。離婚することは可能でしょうか?

「悪意の遺棄」に当たりますが、その場合、夫の悪意を立証する必要があります。
「婚姻を継続しがたい重大な事由」を理由とした方が裁判所に認められやすいでしょう。

夫がうつ病になりました。離婚をすることはできますか?

回復の見込みがない精神病として、「婚姻を継続しがたい重大な事由」とすることが出来る場合がありますが、判例によると、うつを理由とする離婚はほとんど認められていないのが現状です。

夫が私に内緒で、消費者金融に多額の借金をしていることが分かりました。離婚することができるでしょうか?

額や程度にもよりますが、それが原因で婚姻関係が破綻に至ってしまっている場合、それを「婚姻を継続しがたい重大な事由」として、離婚できる可能性があります。

セックスレスが続いています。離婚できるでしょうか?

特別な事情なく、一方が性交を望んでいるのに相手がそれに応じない場合、それを「婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚をすることが可能です。

性格、価値観が合いません。離婚できますか?

それだけを離婚原因とすることは困難であるため、まずは協議離婚を検討されることをおすすめいたします。
他、相手との別居の期間が長い等、婚姻を続けることが困難なほどに夫婦関係が破綻している場合は、「婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚をすることが可能です。

夫が同性愛者で恋人もいることが発覚しました。離婚の理由にできますでしょうか?

「不貞行為」は異性間のみと法で定められているため、それを理由とすることは出来ません。
「婚姻を継続し難い重大な事由」を理由として離婚を請求することになります。

ページトップへ