トップページ > 著名人の離婚情報

著名人の離婚情報

羽鳥慎一破局アロマセラピーインストラクター

フリーアナウンサー、羽鳥慎一(41)が16年連れ添った元客室乗務員でアロマセラピーインストラクターの妻(40)と離婚したことが2日、分かった。羽鳥がサンケイスポーツなどの取材に応じ、この日離婚届を提出したことを明かした。昨年4月にフリーになった羽鳥が仕事を優先してきたことが原因といい、「互いに仕事を充実させたい」と円満に離婚合意した。長女の親権は元夫人が持つ。

フリー2年目に突入した羽鳥がプライベートでも“フリー”になった。

羽鳥本人によると、原因は昨年3月いっぱいで日本テレビを退社し、フリーになったことで生活リズムにズレが生じた。局アナ時代より仕事を優先するようになり、「夜に食事会などが増えたりして、精神的、物理的に家庭に割く時間がなくなっていった」と説明した。

元夫人もアロマ関係の著書を発行するなど、セラピストとしての仕事が順調だったことから互いに多忙になり、昨年5月ごろからすれ違いに。今年に入り離婚に向けての話し合いを重ねるようになり、3月に羽鳥から「そうした方がいいのかな」と離婚を申し入れた。

羽鳥が仕事に比重を置くようになったことに元夫人は「私の方も仕事が軌道に乗ってきたから」と理解を示し、今後についても「私も仕事をやりたい」と羽鳥からの独り立ちを宣言したという。羽鳥は「会話がなくなっていったのは間違いないが、不満をぶつけるよりも熱中していることをやろうということになった」と語った。

2人は就職活動中のアナウンサー試験で出会い、羽鳥が日本テレビ入社2年目の96年1月に航空会社の客室乗務員となっていた元夫人と結婚。その後は妻のサポートで仕事にまい進。フリーになり、テレビ朝日系「モーニングバード!」(月~金曜前8・0)で再出発を切ることも後押ししてくれたという。

2人の間には中学3年の長女がいるが、離婚に理解を示し「お母さんには働いてほしい」と応援しているという。親権は元夫人が持ち、慰謝料も支払った。2人はまだ同居しているが、自宅は元夫人に引き渡し、近く羽鳥が出ていく。

日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜後7・58)などレギュラー5本を持つなど絶好調の羽鳥は、「仕事を今まで以上にやっていきたい」と心機一転、更なる飛躍を誓った。

(2012年5月3日 サンケイスポーツ)

青木さやか破局3歳年下のダンサー

タレントの青木さやか(38)が23日午前、離婚届を提出した。

青木は2007年10月に3歳年下のダンサーと結婚。2010年3月に長女を出産したが、同年末より関係修復を視野に入れた別居生活を送るなかで「生活環境や考え方の相違」を埋められなかった。
「夫婦という近い距離にいてぶつかりすぎてしまったのだと思います」とし、今は「娘を抱きしめながら一日一日を大事に過ごしていきたいと思います」と決意を綴っている。

(2012年3月23日 ORICON)

菊池桃子破局西川哲

女優の菊池桃子(43)が28日、夫でプロゴルファーの西川哲(43)との離婚を正式発表した。菊池は所属事務所の公式サイトで「一部の報道等で、既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、人生で予想もしていなかった事が重なり 前向きな最善策と考えて、離婚届を提出いたしました」と報告。詳しい原因については「相手がおります事ゆえ、これ以上お話が出来ないことをお許しください」とした。

また、今年高校受験を迎える長男(15)と長女(10)の親権は、菊池が持つと明かし「子供たちと一緒に、誠実で前向きな生き方をして行きたいと思っています」とコメントしている。

二人は1995年5月に結婚。菊池は今月11日に登壇したイベント場で、夫について聞かれ「子どものほうにばかり目がいってしまっていて、そちら(夫)のほうは気にしていません」と苦笑いで明かしていた。

(2012年1月28日 ORICON)

ダルビッシュ有破局紗栄子

米大リーグ・レンジャーズ入団が決まった北海道日本ハムのダルビッシュ有投手(25)と妻でタレントの紗栄子(25)が離婚届を提出したと19日、所属事務所がFAXで発表した。
二人は「子らのためにも、一刻も早くお互いが新しい人生に踏み出す」ことを第一義に協議を重ねてきたため慰謝料はなく、ダルビッシュが養育費を支払うことで合意した。

二人は2010年11月にお互いのブログで、離婚に向けて協議中であることを明かしていたが、ダルビッシュ投手のメジャー移籍が決定したきょう、代理人が裁判所に離婚合意の申請を行い、正式に成立した。
所属事務所によると、長男(3)と次男(2)の親権は紗栄子が持ち、養育費の金額については「公平な第三者としての裁判所に御意見を求め、裁判所からいただいたご指導に従った適正な条件にて合意させていただいたもの」としている。

(2012年1月19日 ORICON)

浜崎あゆみ破局マニュエル・シュワルツ

離婚を発表した歌手浜崎あゆみ(33)が17日、代理人弁護士を通じてオーストリア人俳優の夫マニュエル・シュワルツ(31)との離婚書類を、挙式した米ネバダ州ラスベガスの裁判所に提出、受理された。2人とも同意しているため、離婚は事実上成立した形。

昨年元日の結婚電撃発表から1年での離婚だが、実際に2人が生活を共にしたのはわずか2カ月足らず。元日~1月5日までのラスベガス挙式旅行、同6日からのモルディブへの新婚旅行を経て、米ロサンゼルスに2月中旬まで滞在した間だけだった。

1人で帰国して以降、5~10月は全国ツアーなどで多忙を極め、シュワルツが来日することもなかった。その間に会ったのは9月中旬、ロスでの数日間だけ。体だけだった2人の距離は、次第に心の距離へと変わっていった。

日本では婚姻届は未提出で、戸籍上は“バツ1”とはならず独身のままとなる。結婚当初から米国に住む予定だったため、「ネバダ州の方式に従い婚姻の手続きをしていた」(所属事務所)という。一部で新たな外国人恋人の存在が報じられたが「そのような事実はない」(同)という。現在は仕事で海外におり、今月下旬に帰国する。

目標とするマドンナ(53)も2度の離婚を経験。それでも今なおトップスターであり続けている。マドンナを意識し、音楽以外のライフスタイルを若い女性に提示し続けてきたあゆが、今後どのように生きていくのか注目される。

(2012年1月19日 スポーツニッポン)

次の記事へ
ページトップへ